• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

峯村敏明著作集Ⅳ 外国作家論・選

¥3,850

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「bigaku-shuppan.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「bigaku-shuppan.jp」を許可するように設定してください。

日本を代表する美術評論家の一人・峯村敏明の著作集全5巻がいよいよ刊行開始。
第一弾は Ⅳ 外国作家論・選。

----------------------------

「作品は制作者にとっても、 観者にとっても、
複数の時を積層化したものとして出現するだろう。
そして、 峯村氏の批評の最大の美徳が
この特殊な時制の様態への関心である……」
 (『峯村敏明著作集 IV』評釈と解題・松浦寿夫「出港と帰還」より)

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

[目 次]

はじめに

第一章 近代絵画の行方
アンリ・マティス/クロード・ヴィアラ/フランク・ステラ

第二章 励起する物質的・空間的想像力
イヴ・クライン/クリスト/ヤニス・クネリス/アルベルト・ブッリ

第三章 「空間主義」の虚実
ルーチョ・フォンターナ

第四章 反近代という孤独
ジョルジョ・デ・キリコ/ジョルジョ・モランディ

[著者紹介]

峯村 敏明(みねむら としあき)
1936年長野県生まれ。東京大学文学部仏文科在籍中、アンドレ・マルローの芸術論に強い影響を受ける。卒業後、入社した毎日新聞社の事業部で古今東西の芸術遺産に親しんだが、1967〜68年のパリ留学で現代美術に開眼。1970年同社主催の画期的な東京ビエンナーレ’70の組織・運営に携わった後、退社。フリーランスの批評活動に入る。内外の近・現代美術を論ずる傍ら、パリ、サンパウロ、インドなどの国際美術展に関与(71~97年)、テレビ番組制作(76~81年)で欧米各地を取材する間に、知見を深めた。1979年から2006年まで多摩美術大学に勤務。2012~17年国際美術評論家連盟日本支部会長。主著『彫刻の呼び声』(2006年)。

[評釈・書評]

●松浦寿夫「出港と帰還」(『峯村敏明著作集 IV』評釈と解題)
https://shop.bigaku-shuppan.jp/blog/2022/02/02/153721

●『峯村敏明著作集Ⅳ 外国作家論・選』書評(『美術手帖』2022年10月号)
https://shop.bigaku-shuppan.jp/blog/2022/09/18/131345

Related Items

  • 幽玄の美学:東アジアの芸術精神と美的思想
    ¥3,520
  • 竹久夢二:社会現象としての〈夢二式〉
    ¥3,850
  • フェルメールの絵画空間:図学から読み解く
    ¥3,520