• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

アヴァンギャルド以後の工芸 「工芸的なるもの」をもとめて

¥4,180

SOLD OUT

SOLD OUT

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「bigaku-shuppan.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「bigaku-shuppan.jp」を許可するように設定してください。

北澤憲昭【著】
四六判並製/498頁
本体3800円+税
ISBN 978-4-902078-00-8
2003年4月刊行

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

■目次

プロローグ アヴァンギャルド以後の工芸
Ⅰ.状況 モダニズムの終焉
Ⅱ.歴史 工芸と近代美術
Ⅲ.作者たち 「工芸的なるもの」の可能性
エピローグ 「工芸的なるもの」をもとめて――断片をめぐる断章
あとがき
初出一覧/索引

北澤憲昭(きたざわ のりあき)

1951年東京都生まれ。美術評論家。女子美術大学教授。
著書に『眼の神殿―「美術」受容史ノート』(美術出版社、第12回サントリー学芸賞受賞)、『岸田劉生と大正アヴァンギャルド』(岩波書店)、『境界の美術史―「美術」形成史ノート』(ブリュッケ)などがある。

Related Items

  • 旅する布 Traveling Textiles works / words / worlds
    ¥3,850
  • 造形的自己変革:素材・身体・造形思考
    ¥2,640
  • 楽浪漆器 東アジアの文化をつなぐ漢の漆工品
    ¥9,350