• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

終わりきれない「近代」 八木一夫とオブジェ焼

¥2,090

SOLD OUT

SOLD OUT

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「bigaku-shuppan.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「bigaku-shuppan.jp」を許可するように設定してください。

樋田豊郎・稲賀繁美【編】
四六判並製/288頁
本体1900円+税
ISBN978-4-902078-11-4

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

八木一夫とその仲間たちが1960年代に創めたオブジェ焼は、欧米を手本にしてきた日本文化の「近代」がその体裁を整える最後の段階に登場した前衛陶芸運動だった。ポスト・モダン化につれて、オブジェ焼もその歴史的役割を終えるはずだったが、どちらもまだ命脈を保っている。なぜ、「近代」は終わらないのか。その理由をオブジェ焼に探る。

CONTENTS

序論 オブジェ焼の時代 ……樋田豊郎 Ⅰ. 八木一夫の軌跡 ……松原龍一

Ⅱ. 同時代の世界美術史に対峙する八木一夫 ……稲賀繁美

Ⅲ. 古陶磁技法の再活用 ……大槻倫子

Ⅳ. 黒陶について ……出川哲朗

Ⅴ. 八木一夫が考えていた〈オブジェ〉 ……樋田豊郎

Ⅵ. 〈オブジェ〉について ……峯村敏明

あとがき
八木一夫年譜/図版一覧

執筆者

樋田豊郎(秋田公立美術大学学長)/稲賀繁美(国際日本文化研究センター・総合研究大学院大学教授)/松原龍一(京都国立近代美術館主任学芸員)/大槻倫子(滋賀県立陶芸の森主任学芸員)/出川哲朗(大阪市立東洋陶磁美術館館長)/峯村敏明(美術評論家・多摩美術大学名誉教授)

Related Items

  • 旅する布 Traveling Textiles works / words / worlds
    ¥3,850
  • 造形的自己変革:素材・身体・造形思考
    ¥2,640
  • 楽浪漆器 東アジアの文化をつなぐ漢の漆工品
    ¥9,350