• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

工芸家「伝統」の生産者

¥1,980

SOLD OUT

SOLD OUT

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「bigaku-shuppan.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「bigaku-shuppan.jp」を許可するように設定してください。

樋田豊次郎【著】
四六判上製/236頁
本体1800円+税
ISBN 978-4-902078-04-6
2004年12月刊行

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

すでに19世紀末には美術品の分野にまで機械生産が参入していたが、それから100年経っても依然として手でモノがつくり続けられている。手仕事の近代史の多くを担ってきた「工芸家」がそこで果たしてきた役割を解明する。

■目次

序 伝統を考える視座
1 手仕事から工芸へ
2 工芸の「純粋美術」化とその挫折
3 工芸が表現してきた「伝統文化」
伝統を考える視座
Ⅰ 土着的芸術観の保全
1 最後の金属ほりもの師
2 古典の研究
3 現代に蘇る屈輪文様
4 素朴な生活感情への愛着
Ⅱ 伝統様式の再解釈
1 古九谷の再発見
2 置物の革新
3 崩された幾何形態
4 赤絵の読み直し5
5 竹のあかり
Ⅲ 技芸の物神化
1 鏨に反応する金属
2 擬せられたひび
3 木屑のネックレス
4 装飾のフラグメント
5 元型のない形
6 祠のような箱1

Related Items

  • 旅する布 Traveling Textiles works / words / worlds
    ¥3,850
  • 造形的自己変革:素材・身体・造形思考
    ¥2,640
  • 楽浪漆器 東アジアの文化をつなぐ漢の漆工品
    ¥9,350